エロいボディがたまりません

投稿日:2016年7月22日

部屋に入るとあいさつがわりに私にハグしてくるデリヘル嬢が可愛いです。「今回のご指名ありがとうございます。またお会い出来て嬉しいです」と、改めて丁寧なあいさつをしてくれます。女の子とは今回が2回目なのですけど、さりげなく言ってくれるのが憎いですね。そして、そう言いながら唇に軽いキッスをしてくれるのがまた嬉しいポイントですよ。良いモチベーションになったところでシャワーで綺麗にしてもらいます。お湯の温度やシャワーでいきなり冷たい水が私にかからないように手の平で確認するあたりはさすがだなと思いました。やはりプロの気配りは素晴らしいと再認識しましたよ。それと全裸にになったデリヘル嬢の美しさは最高ですよ。小柄なボディに程よい大きさで重力に負けていない形の良いおっぱいは上を向いています。デリヘル嬢のグッとくびれたウエストから腰周りの丸いカーブは別名エロチックカーブと呼ばれているくらい素晴しいものですよ。

即フェラチオからの発射を選びました

今回の女の子はリザーブがかなり困難でした。今回確定したのは自分でも不思議でいろいろなラッキーが積み重なったのではないかなと思います。待ち合わせ場所に向かうといました。顔は人形みたいに綺麗な女の子で、長いさらっとした茶髪が特徴的です。昔でいうワンレンですけど、今の時代ではかなり目立ってキャリアウーマンという感じがしますよ。ホテルに入って、トークして、素っ裸にしました。プロフでは20歳代中盤ということですが、もっと若くてもいいくらいの張りのあるボディですよ。さすがにランカー女子だと思いました。そして即フェラチオしてくれるデリヘル嬢・・。これがかなり効きます。チンカスが付いてるはずなので申し訳ないなと言う思いと、臭いチンカスを舐めさせてるぜという、征服感みたいなものが入り交じった何とも言えない気持ちになりますね。そんな気持ちになる自分を打ち消すためにはここで発射するしかないと思って。気持ちを集中させて、女の子にも合図を送ると、心得たように手コキをしてくれて一気のザーメン発射となりました。